新制大学山岳部発足当時の現役部員の集い

同志社大学山岳部史上最大の遭難事故(昭和25年12月30日雪崩によりテント埋没により4名死亡)となった鹿島槍大冷沢のデブリから遺体を掘り出し、荼毘を行った十数名いた当時の現役部員も、松月氏の他界により、谷口三郎、中田順一、片岡於蒐平、乾好の4名となりました。毎年1回秋に集まって旧友を深めておりますが、昨年は9月23日、伊吹山登山を行いました。今年の秋は「新島旧邸」でも見学して、「今出川キャンパス」の新校舎でも見に行こうと思っております。

2012_ibuki_01.jpg

左より 中田、片岡、谷口、乾 <関ヶ原駅にて>
[平成24年9月23日]

(乾好 記)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dacob

Author:dacob
同志社大学山岳会は同志社大学体育会山岳部のOB会です。

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
RSSリンク
リンク
QRコード
QR
広告

Powered by FC2ブログ