<< 2011-01- | ARCHIVE-SELECT | 2011-03- >>

「青春の場」を訪ねてみようと

1月30日のOB総会に出席したら、翌日に「我が青春の場」を訪ねてみようと決めていました。

京都駅前のビジネス・ホテルに泊まったので、目的地へのバスは迷わず簡単に見つけられました。

出町柳経由大原行きです、と書けばDACのメンバーならおわかりでしょう、三千院ではありません。

ハイ、「コンピラ」へ向ったのです。

八瀬の辺りから、まばらに積もった雪が見え始め、だんだんと地面を覆うようになって来ました。

学生時代は「出町柳」から乗車しましたが、今朝は中心街を通って出町柳を通過しました。

何年か前にこの辺りを歩きましたが、京阪の駅は地下に潜り当時の名残はどこにもありません。

乗客で観光客と思しき姿は私の他には2名だけ。

当時を辿って再現してみようと思い、バスは「戸寺」で下車しました。

トデラです。

 P1010479a


       50年ぶりに降りたバス停から「コンピラ」の方角を見上げました

白い岩がコンピラの岩場のようです。

          P1010478a
               高野の流れはこんな広かったっけ?

           P1010477a


              こんな店がバス停のそばに、 「おら知らねぇ」


           P1010504a

                 こんなにたくさん家があったっけ

バス停から神社までは一本道だと思っていましたが、右折、左折、右折してから山へ向う道が一本になりました。



           P1010480a

             立派な道が出来ていて、こんな標識が・・・

             「江文峠」なんて、いったい何時出来たんや




           P1010481a

            「江文神社」って、「こんぴら」の神社の名前?




           P1010482a

               驚いてばかりはいられない、先を急ごう




      P1010502a

    この案内板を見ると、私の向っているところはどうも「江文神社」というらしいです



        P1010484a

               「ムムッ」鳥居があったっけ

         P1010486a

            手前の木に括りつけられていた看板

「登山者の皆さん」  「へ」 が正しいのではなどと思いながら、全文を読んでしまいました、ちょっと淋しいお願いです。

人の多さは時代の変化でしょう。

あの時代、岩登りの練習に通う学生とはほとんど出会わなかったし、ましてや社会人はマレだったように思う。



           P1010488a

           これが、ここがわが青春の場 「コンピラのお堂」 です

ありました、こんな健全な姿で残っているとは思いませんでした。

ネパールで一緒だった学生君に聞いたら、「何ですかぁ?」といった感じの返答で、今は使われていないということでしたが、思うに昔のままです。

屋根がトタンだったかの記憶はありませんが、石段と石垣と正面の木の階段と建物は昔のままです。

この「コンピラのお堂」に思い出が詰まっています。



ま、50年ぶりに訪ねれば、大抵のところでは感動のようなものがあるはずです。

でも、思いを入れていなければ、50年ぶりにかつての同窓生にあっても、「お久しぶり」といった程度の気持の動きで終わるのではないでしょうか。

私にとっては、懐かしさを超えてこの「お堂」には、僅か50年といった時間の経過ですが、静かな「美」を感じてしまいました。

前日、金閣寺へ行って気持に変化のない自分に疑いを持ちましたが、感じる気持を持ち合わせている自分を確認し安堵いたしました。

あの時代、このお堂で新人歓迎コンパが行われ、4合入るバール(アルミの食器、バールってボールのドイツ語?だといわれました)に注がれた酒を一気に飲まされ、しばらくして新人のほとんどが食べたものを天井に向って吐き出した・・・。

翌朝、掃除はきちんとしたと思います。

そして、三千院まで歩かされましたが、ただ苦しかったという記憶しかありません。

山岳部時代、春から晩秋までは大げさにいうと、毎週末のようにこのお堂に寝泊り(テントは張らなかった)して、ロック・トレ(当時の言葉)をしました。

食べ物が豊富でなかった時代で、食事を市内でするよりも山でした方が安くつくという狙いもありました。

翌日は、自宅から参加する同期の仲間に、昼のオニギリなどを頼んだりして食いつないだ時代でした。

        P1010490a

お堂は絵馬堂となっていて、内部はいたんでいませんでしたが、「老朽化のため立入禁止」の札がロープにぶら下がっていました。

           

           P1010493a

                     覚えていますよね



           P1010499a

お堂の脇の道を登ってみましたが、こんな常態なので15分ほど歩いてから引き返すことにしました。



           P1010503a

               上の白い岩が「ワイケン」だろうか

後輩たちに告ぐ

ワイケンのワイはYシャツのワイでホワイト。

ケンは懸垂のケンだと故人となった同期の岩間君から聞きました。

懸垂の練習をしたのは、確かこのワイケンで、後ろに木があってザイルを回してやったっけ。

今のように器具のない時代、肩がらみでザイルに塗られた油でシャツが無残に汚れてしまったものでした。

               こんなモノクロ写真が出てきました

           P1010527a

時代を感じさせるこの写真、岩場の名前は忘れましたが、上部に小さなチムニー状の溝があって、木があった・・・。

この写真は多分1960年秋のもので、翌春の剱岳・小窓尾根からチンネの左稜線の積雪期初登攀をねらってのトレーニングで、オーバシューズの上に8本爪の門田のアイゼン付けてのトレーニングです。

恐らく、佐藤さんか長谷川さんが撮ってくれたのでは・・・。

特筆すべきは2本のザイルです。

初めて経験する「ドッベル」で、先輩の長谷川さんと佐藤さんや植西さんの発案だったと思います。

残念なことに当時CLだった植西さんが「アピ」のメンバーに加わったため、チンネ左稜線のチャレンジは中止となり、小窓と早月から劒といった計画に変更されました。

記憶に違いがあったらお詫びいたします。

(CLはChiaf Leaderの略、現在の山岳部では主将と称しているようですが、どうも違和感があって馴染めません、体育会のきまりなのでしょうか)



ルンルン気分で下って、もう一つの「青春の場」、『花尻橋』へ向いました。

P1010505a

                    モズが・・・

右岸には大きな病院が建っていて、この辺りも様変わりしていました。

               花尻橋といえば、 『土井』 さんですよね

           P1010507a

ロック・トレの帰りは必ず花尻橋まで歩き、バスが来るまで土井さんの店の中の長椅子に座りしゃべっていると、大抵お茶が出てきました。

(現在、バスの間隔は15分くらいですが、当時は1時間くらいの間があっと思いますが、誰も帰りの時刻などをメモしたりはしなかったようです)

上級生がビールを注文すると、一緒に出て来たのが紫色の「生志ば漬」でした。

当時、私は漬物が大の苦手でしたが、漬物臭のないこととシソの香りに引かれて手を出してみました。

それ以来「土井の生志ば漬」を私の「お気に入り」登録し、現在でもデパ地下などで京都物産展があると買うのは「志ば漬」、それもO利やO安などには目もくれず、土井さんの「生志ば漬」しか絶対に買いません。

ある時、1年先輩の松村さんが夜中に腹痛を訴え、上級生が土井さんに駆け込み、市内の病院まで送ってもらったということもありました(松村さんは盲腸でした)。

そんな縁のあるD⇔Dつながりの土井さんに寄ってみたかったのです。



         

           P1010506a

現在のお店は、道路をはさんで向い側に移り、漬物茶屋「花ぢり」と広々とした売店があり、隣接の工場の見学も出来るようです。

季節はずれのこの時期、客は私の他には2人しかいなかったので、一通り試食をさせてもらいましたが

                 買ったのはやっぱり

           P1010523a

        コレ! しかも「大原限定」 もったいなくてまだ食べていません

              思いを遂げた冬の京都の1日でした。

 

                       '62卒  関東支部  今成 征三

 おまけ

総会に故児島勘次先輩のお嬢さん夫妻(会友)が参加されていたこともあってか、氏の人柄を偲びつつ台湾の話になり、強いリクエストに応えて乾さんが「タイヤルの歌」を歌われました・・・イボの葉陰に娘一人 何が悲しゅうて泣くのやら アワの祭りが近いあるに  オーワイヤハン ・・・

先年、阪神支部が編集された「山の歌集」に歌詞載っています。

           P1010529a

       P1010531a

左下に(替え歌)として

      金比羅山のふもとの 高野の流れ娘とれる 一度おいでわが志ば漬屋

よく歌いました。

おぼろげな記憶ですが、土井家のお嬢さんが同志社のOGだったとか。

歌は歌い継がれているのでしょうか。



もうひとつ おまけ

           P1010532a

どなたかこの「歌集」にご記憶ありませんか? 私の学年ではありません。

61年卒の上田彰二さんが、先日机の引き出しから見つけ出したものです。

               1ページは 大尉の遺言」です

           P1010534a

    








1月30日に開催された2010年度 「秋季定例総会」に出席して

P1010474a

(この参加報告は主催者からのものではなく、一般参加者が、今回は参加出来なかった、またはずっと参加していないという会員に向けて、写真から雰囲気を感じていただいたり、懐かしい顔を見つけていただければといった願望で寄稿しました)

年2回の定例総会は、例年であれば11月に開催されていましたが、今回は現役学生隊が8月から10月にかけて西北ネパールのチャンラ峰に挑戦していた関係で、秋季総会がずれて1月30日に実施する旨の案内をもらい、久々に出席させていただきました。

会場は京都駅前に聳え立つタワーを頂いた京都タワーホテル。

1階ロビーには「幹事会会場」と「総会会場」と別記してありました。当日に会議を行うようです。

会費を納めて(なぜか現役君たちが受付をしてくれていた)会場へ。

P1010448a

何十年ぶりに会った水落君(阪神支部長)と、「久しぶりだから同じテーブルに座ろうや」ということになりましたが、どこに座っていいものかわからない。

こうした会合では、まだまだ若手の部類なのでどうしたものかと・・・。

結局、会長や副会長や顧問や名誉顧問や参与や会友さんがおさまるのを見届けて、端の方に安住の席を見つけて腰を下ろしました。

毎回出席される方たちは、ご自分の席を存じていらっしゃるようで・・・。

配られた「式次第」に書かれている出席者を、大日(オオクサ)会長以下、肩書き・敬称略で転記してみます。

伊東正好、和田豊司、高橋由文、太田進一(山岳部長)、吉村公一、平林克敏、松村多四郎、乾 好、尾崎一郎

〔会友〕 児島孝之・児島昌子(児島勘次氏長女)、辻一郎、野田純一、亘英太郎

〔会員〕 秋山泰秀、今成征三、大野逸平、角橋通弘、加藤勇一、川田哲二、佐藤和男、角谷弘司、桝田憲明、宮川清彦、八木貴大、近藤悠平

〔山岳部員〕 20名

〔特別参加〕 宮川清彦夫人

P1010449a

     大日会長の挨拶があり



       しばらくは「ご歓談」♪

P1010451a

   P1010453a

     P1010456a

P1010457a

P1010459a
      宮川夫妻と女子部員



P1010460a

     チャンラ峰登頂メンバー 3/4



P1010461a

スクリーンを使って小林博文君の熱のこもった雄弁に全員が感銘を受けた模様。

引き続き和田副会長が「西北ネパール探査・トレッキング」の報告を行いました。



P1010463a

松村前監督を皮切りに、参加OBのほぼ全員が近況報告



P1010464a

P1010465a



  そして山岳部員の自己紹介、20人は壮観でした

P1010468a

P1010469a

P1010470a

P1010473a

P1010474a

現在の山岳部員は23名いるとのことで、おそらく大学山岳部としては最大規模といわれているようです。

部員ゼロ時代も続いたのに、この隆盛?ぶりはOB会幹部の方々とOB会の尽力・援助によるものでありましょう。

低迷期には、山のロマンを感じる感性やチャレンジ精神は、現代の若者から失われたものと思ったりもされました。

以前は、部員が同じ目的を持って山へ行っていたように思うのですが、現在の「山岳部」の概念は様変わりしていて、室内オンリーの部員がいたり、雪山には親の反対を素直に受け入れて、連鎖的に参加しない学年があったり、ネパールの6000m峰にチャレンジする部員もいたり・・・部としての方向などは決まっているでしょうか、何でもありなのだろうか?

そんな質問をするのを忘れました。

チャンラ峰登山隊に不参加だった部員の心情なども聞いてみたかった。

海外登山については、今回は同志社単独で実施したものの、展望としては他校とのジョイント(各校の部員数が少なく、単独では実施出来ない)が、海外に限らず止められない流れになっているとも思えるのが現状・・・。

この山岳部の変化にOBはついて行けるのだろうか?

OB会の空洞(中間層の参加がない)は埋められるのだろうか・・・。

中間層は社会の中心的な働き手で、仕事と家庭に追われてこうした会合に参加出来なくて普通、自分を振り返ってみても、こうした会合に参加したのは、海外登山隊に参加した時以外にはないように思う。

ましてや、関西地区を離れていると不可能に近いため、近辺在住の諸兄のご尽力に頼らざるを得ません。

そうしたことへの方策は論じられていると思いますが、早期に実施していただきたいと念じております。

たとえば、総会は年に1回にして、その代わりに「親睦・懇親の会」といったものを開催出来ないものでしょうか。

DACサロンの提案です。



           関東支部 ’62年卒 今成 征三
プロフィール

dacob

Author:dacob
同志社大学山岳会は同志社大学体育会山岳部のOB会です。

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
RSSリンク
リンク
QRコード
QR
広告

Powered by FC2ブログ