<< 2005-11- | ARCHIVE-SELECT | 2006-01- >>

故小方全弘氏墓前追悼の会開催

12月18日、神奈川県葉山町・神善光寺において行われました。

会員小方全弘氏(昭和31年文卒)は永年にわたって日本・ブータン友好協会事務局長として活躍され、ブータン王国に居住されていて昨秋日本に帰国し、その後肝臓疾患の治療に専念されておられましたが、本年8月3日に亡くなられたとの知らせを、当会会員の今成君から11月末日に知らせを受けました。
年の瀬の12月ではありますが、奥様のご了解のもと当会各支部長はじめ、会員で生前に親しくされていた方々に故人を偲び、墓前にて追悼の集まりを行う旨ご通知申し上げましたところ、山岳会会員8名、女子山岳部OG1名の参加希望があり、九州、東海支部会員の5名の方からはご仏前のご芳志が寄せられました。
当日は、関東地域以外での降雪がひどく、東海道・東北新幹線が大幅に遅延していたにも拘わらず出席者全員が、集合時間には横須賀線逗子駅に集まり、13:30タクシーに分乗して寺に向かい、小方夫人の出迎えを受け本堂へ参りました。
ご本尊の脇に飾られた遺影の前で読経、焼香の後、本堂脇の小高い丘を登りつめた所にある墓碑に花を手向け焼香し、お酒の好きだった故人に対し献杯をして帰途につきました。
3時頃より、小方さんが生前よく立ち寄っていたという、逗子駅近くのお店「日本料理はら田」にて会食を持ちました。まず、遺影に献杯をし、盛りたくさんの料理と酒を酌み交わしながら、文才豊かだった故人を偲び、生前の思い出を語り合い、奥様からもいろいろとブータンでの生活などのお話を伺うことができました。
宴は時の過ぎると共に盛り上がり、小方さんが歌詞をつけた「俺は同志社のボッカ隊、同じお前もボッカ隊、ど~ぉせ二人は同志社ではアタック出来ないボッカ隊・・・」などの山の歌が出るほど賑やかなものとなりました。
6時過ぎ、関西からお越しの乾・吉村両先輩がお帰りになった後も店に残り、8時前に奥様へご挨拶した後家路につきました。
後半の宴席はあたかもDAC関東支部の忘年会のような有り様でしたが、故人も久しぶりに昔の仲間に加わり、時を一緒に過ごしたことを喜んでいることと思っております。
 参会者 : 小方夫人 鳥山(旧姓大須賀)正代(同志社大学女子山岳部OB)
 DAC関係者 : 乾  好  下村 新一郎  吉村 公一  馬場 太一郎  長谷川 常雄
           江上 康  伊東 正好  坂下 心一  上田 章二  今成 征三 
           山火 桂一  宮川 清彦  和田 豊司 
                       関東支部長  伊東 正好

九州支部からの報告です


  
 秋島さん(会友)    江上さん     上田     長谷川さん   馬場さん
12月19日、福岡市内 料亭〔根上〕 において九州支部会が開催され、支部長が馬場さんから長谷川さんへ引き継がれました。
元気そうな顔ぶれをご覧ください。
                       
                               上田 彰二(1961年 経卒)
 

2005年度秋季定例総会"かいま見"記

卒業してから初めてOB総会にちょこっと顔を出してみました。
ちょうど京都旅行の最終日で、帰りのバスの時間があったので、始まって早々に失礼してしまったのですが、少し報告してみます。
役員会が長引いたため、行きがかり上受付をすることになり、皆さんとは一通りことばを交わすことが出来ました。受付では総会の会費、山岳会年会費、現役賛助金を集めさせて頂きましたが、出席される皆さんはほとんどが年会費も現役賛助金もすでに納めておられる方ばかりで、頭の下がる思いでした。
役員会の様子
現役が途中から受付を手伝ってくれたので、少~し話すことができました。ハキハキと元気よく、あいさつもキチンとできており、今後が楽しみな若者達、という印象を受けました。
平林さんの挨拶の途中で失礼してしまいましたが、会の面々の中に現役がいると、やはり山岳会が活性化されたような雰囲気がするなぁと感じました。
平林さんの挨拶
長いことご無沙汰しておりましたが、吉村さんや平林さんはじめ、みなさんとてもお元気そうで、うれしく思いました。みなさんの元気をいただいたような気がしました。
みなさんのコメントや投稿お待ちしております。
コメントはこの文のすぐしたにある「投稿者 ob : xx:xx | コメント (0) | トラックバック (0) 」の「コメント」をクリックするとコメントできます。
以上です。
            記 : 三浦 尚子 (94年卒)

新制大学「山岳部」発足当時の部員の集い

50年前に山岳部現役として活躍した我々も今や70歳を越え、当時の部員も数多く死去、あるいは消息不明となりました。
80年誌の編集にあたり、当時の取材も兼ねて旧交を温めるため、50年ぶりに平成16年11月2日、大台ヶ原山頂で紅葉見学会と洒落込んで、第1回目の会合を松月元主将、中田のトッツアン、片岡のオッチャン、乾元マネージャーと4名で行いました。
平成17年11月16日には、第2回目の会合を片岡氏の世話で紅葉を見ながら御在所岳で行い、充分取材することが出来ました。

          乾        片岡        中田        松月
来年は鹿島槍大冷沢遭難50年忌にあたり、鹿島槍東尾根や爺ガ岳東尾根の紅葉でも見ながら、「トメ岩」で供養を思っております。
                     山岳会80年誌編纂委員長  乾   好

プロフィール

dacob

Author:dacob
同志社大学山岳会は同志社大学体育会山岳部のOB会です。

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
RSSリンク
リンク
QRコード
QR
広告

Powered by FC2ブログ